MENU
おでかけ

東京足立区【ギャラクシティ】スペースあすれちっくは2歳未就学幼児でも楽しめる!

くもの巣のようなネットが張り巡らされたアスレチック「スペースあすれちっく」が有名な東京足立区にある【ギャラクシティ】に2歳の息子を連れて行ってきました。
小さい子供でも楽しめる?と心配なママさんのため口コミレポートをします♪

結論から、「スペースあすれちっく」は2歳未就学幼児でも楽しむことができました♪

ギャラクシティの「スペースあすれちっく」ってどんな遊具?


「スペースあすれちっく」はギャラクシティこども未来創造館にある「くもの巣のようなネットが3層になったアスレチック」です。

無料で遊ぶことができ大変人気のアトラクションです。
30分ごとの時間制になっています。
休日のため10分~15分ほど入場まで待ちました。

「スペースあすれちっく」は3つの○○タイムに分かれている


スペースあすれちっくは「ファミリータイム」「だれでもタイム」「小学生タイム」の3つのタイムがあります。

時間帯は曜日により変動します。(公式サイトで確認可能です。その日のタイムスケジュールは1階総合受付でもらえます)

休日(土、日、祝日)のタイムスケジュール↓

私達家族は「ファミリータイム(保護者同伴の時間帯)」に入場しました。

「ファミリータイム(保護者同伴の時間帯)」にも小学生はいます。
小学生のいない幼児のみの時間帯はありませんでした。
小学生は危険な動きをする時期ですので、幼児連れとしては幼児のみの時間帯も設けてほしいものです。
0歳、妊娠中の方は利用できません。

靴は靴箱へ、荷物(貴重品)はすべてコインローカーへ入れます。
ロッカーに入らない大きな荷物は靴棚の上に置くことができます。
アトラクション内、撮影はNGとなっています。
スマホは落下する危険もありますのでコインロッカーに入れましょう!

大人・子供とも、靴下を履いていないと「スペースあすれちっく」で遊ぶことはできません!
夏場はサンダルでの行動が多くなりますので靴下を持っていくことを忘れずに!
最悪忘れてしまった場合、目の前の受付(売店)で購入することが可能です。

2歳未就学幼児で「スペースあすれちっく」は楽しめたか?


くもの巣のようなネットが3層になったアスレチックで、一番上から中間の層に行くにはネットの穴を降りていかなければ行けません。
狭い穴のため、ひとりで降りていける年齢でないと中間の層に行くことは難しいと思います。
一番下までは階段へ降りていくことが可能です。

2歳の息子は一番上の層のみで遊びました。
ゆらゆら揺れるネットの上でひとり立って歩いていました。
とても楽しんでいました^^

息子より小さい子供を連れている家族は抱っこしたまま寝っ転がっていましたよ。
ハンモックのようで気持ちがいいんです♪

ネットのうえでただ歩くだけでもかなり体力を消耗します。
30分で大人でも額にうっすら汗がにじんできます。

子供のバランス感覚を鍛えるのに「スペースあすれちっく」おすすめです♪

「スペースあすれちっく」以外も未就学幼児が楽しめるものはある?

2Fには乳幼児向けの遊ぶスペースもあります。
こちらは近隣のママさんたちの集いの場として利用されており、児童館的な役割をもっています。

私達家族が行った日は1階のホワイトあとりえで「おえかきタイム」(床にクレヨンで自由にお絵描きができる時間)がありました。

他のアトラクションなど全体的に「ギャラクシティこども未来創造館」は「小学生向けの施設」だなと感じました。

ランチはギャラクシティのカフェで


ギャラクシティ内にある「ギャラクカフェ」でお昼ごはんを食べました。
お店の入り口は、外にあります。
とっても可愛いキッズプレートがありました♪
大人の料理は全体的に味が濃いのが残念。

まとめ

東京足立区【ギャラクシティ】にある「スペースあすれちっく」は2歳の息子でも一部ではありますが楽しむことができました。

バランス感覚が鍛えられ、かなり体力を使いますので同伴のパパママさんも気合を入れて行きましょう!
ケガをしないよう、行く前に大人も子供も爪を切っていくことをおすすめします^^

公式HP【ギャラクシティこども未来創造館】

ギャラクシティまでのアクセス

東武スカイツリーライン西新井駅下車、東口から 徒歩3分